トランス脂肪酸禁止のニューヨークで心臓発作が減少 (日刊ゲンダイDIGITAL)

食事

  • 3,112
  • 2
  • 0

favicons?domain=headlines.yahoo.co Yahoo!ニュース 2017.04.21 UPDATE

「トランス脂肪酸」を多く含む油脂は、クッキーやクラッカーなどの加工食品、ファストフードの揚げ物などに使われています。アメリカでは、その量はかつての5分の1程度まで減っていると考えられていますが、さらに2018年までに加工食品への使用が全面禁止される予定です。

記事全文を読む

1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73

近藤尚己

東京大学 大学院医学系研究科 健康教育・社会学分野 保健社会行動学分野 准教授 医師 社会疫学者

トランス脂肪酸をいち早く規制したニューヨーク市とそれ以外で心臓発作と脳卒中の発生を比較観察したところ、ニューヨーク市の方が発生率が下がっていた、という研究成果の報道記事です。

このように科学的に政策の評価をすることはとても重要ですね。

  • 2
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 1468394389f93b2765c5048342b755e060852c3d78
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です