気付かない人は意外に多い、大腸がんの代表的症状「血便」

病気・医療

  • 688
  • 2
  • 0

favicons?domain=medical.jiji 時事メディカル 2022.04.09 UPDATE

1649473323veV6Du2cwf

今、わが国で最も罹患(りかん)数の多いがんは、大腸がんですが、その代表的な症状に「血便」があります。  がんの表面は組織がもろく、細かい血管が露出するなどして出血しやすくなっています。がんの近くを便が通る際など、機械的な刺激で容易に血が出て、これが便に混じるのです。  大腸は1.5メートルから2メートル近くある長い臓器ですが、特に、肛門に近い位置にがんができた場合は、血便の症状が表れやすい傾向があります。

記事全文を読む

1437467966ae49bd8bd6234b413a1bf3949e6d4fe4

雜賀智也

薬剤師、メディカルライター、MPH

大腸がん検診で用いられる「便潜血検査」を紹介する記事です。便潜血検査は、目に見えない微量な血液も検出できます。じっさいに死亡率を下げることが確認されています。一般の健康診断にも含まれていますよね。多くの方が受けたことがあると思います。ただ、この検査で要再検査となっても、受診せずに放置する方もいるようです。放置していてはこの検査の意味はありません。再検査となった場合は、かならず受信しましょう。

最後に、以前、消化器外科ご専門の高橋 慶一先生と一緒に本を出させていただきました。エビデンスのある標準治療を分かりやすくまとめた本です。この場を借りて紹介させていただきます。

「大腸がん 最新標準治療とセカンドオピニオン」
https://amzn.to/3v4EpuR

  • 2
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です