発見が最も難しい「暗黒の臓器」すい臓がんを劇的に見つけやすくする"あの飲み物"

病気・医療

  • 186
  • 1
  • 0

favicons?domain=president プレジデントオンライン 2021.09.07 UPDATE

1630950908hlQoVPYiVY

すい臓は胃や腸の陰に隠れ、がんの発見が極めて難しいことから「暗黒の臓器」とも呼ばれている。国立がん研究センター検診研究部部長の中山富雄さんは「超音波検査前にある飲み物で胃を満たすことで、これまでとても発見できなかった小さなすい臓がんを見つけられるようになった」という――。

記事全文を読む

1468394389f93b2765c5048342b755e060852c3d78

今村文昭

ケンブリッジ大学医学部 MRC疫学ユニット

本文には紹介されていませんが、実際の研究内容が欧州の学会誌に報告されています。

Nakao et al., Evaluating the ability to detect pancreatic lesions using a special ultrasonography examination focusing on the pancreas, Eur J Radiol, 2017 (https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0720048X17301109)

ただ、この検診によって生存率が上がるということは示されておりません。その点でタイトルなど、誇張された表現が含まれているといってよいでしょう。早期発見とそれに伴う利点の可能性が示唆されたというのが妥当な解釈と考えられます。
実際に大阪のがん研究センターでは生存率が上がっているのかもしれません。それは素晴らしいことと思いますが、検診のおかげとは言えなさそうですね。今後、その実証の研究も進んで、その知見が世界の膵臓がんの発見、診断、治療に貢献することを期待したいと思います。

  • 1
  • /
  • 専門家のいいね!0
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です